クリーブランド ヘイスト250(Heist 250)

ヘイスト250(Heist 250) バイク

またバイクに乗れるようになったら乗ってみたいなあ…と思っているバイクを備忘録として書いています。今回のバイクはクリーブランドサイクルワークスのヘイスト250です。250cc枠なので少し小さめのアメリカンバイクにカテゴライズされます。

つまり、身長182cmの私には少し小さい車体です(*日本のバイクで近いものとなると、ビラーゴ250ドラッグスター250に近いサイズです)。250ccのバイクはいくつか乗ったことがあるのですが、エストレヤやドラッグスター250はやはり車体が小さく、乗った時のバランスが悪かったです。125ccくらいのバイクに見えてしまいます(*マグナ250くらいのサイズでギリギリ)。

そんな小さめの車体ですが、このヘイスト250は新車の状態でカスタム感があり、美しいフレーム形状をしているので、一度は乗ってみたいと思ってしまうのです。実際はカスタム前提、改良前提の造りこみが少々甘いバイクなようで、そのまま乗り続けるのはなかなか厳しいようですが、少し問題点を改良してあげるだけで、たまに乗るバイクとしては面白そうです。

ヘイスト250(Heist 250)

出典:バイクブロス

このように、チェーンは剥き出し、リアサスはリジッドでシートにショックがついているだけのスパルタンな構造をしているので、乗り心地は決して良くはないと思いますが、このリジッドフレームの美しさですべて許せてしまえそうな、なんとも不思議な魅力があるバイクです。しかもこのカスタム感で、価格は30万円弱からと、とてもリーズナブルです。

ヘイスト250(Heist 250)

出典:バイクブロス

ヘイスト250(Heist 250)

出典:バイクブロス

デメリットとして、気になる点もあります。14馬力ほどの非力なエンジンに、トラブルが起こった際のサポートと修理ができるお店です(*大阪市に山輪というクリーブランド・サイクルワークス正規代理店があります)。しかしこのバイクを買う人はその辺の問題はどちらかといえば二の次で、自分でもある程度メンテナンスが出来る人だと思います。とてもレアなバイクなので、一度でいいから実物を見てみたいです。

メーカーcleveland・Cycleworks
車名Heist 250
発売年2011
全長 (mm)2200
全幅 (mm)720
全高 (mm)1040
最低地上高(mm)185
シート高 (mm)
車両重量 (kg)125
乗車定員(名)1
燃料消費率(km/L)
原動機種類4ストローク
気筒数1
シリンダ配列単気筒
冷却方式空冷
排気量 (cc)229
カム・バルブ駆動方式
気筒あたりバルブ数
最高出力(kw)10.5
最高出力回転数(rpm)7000
最大トルク(N・m)15.8
最大トルク回転数(rpm)5500
燃料供給方式キャブレター
燃料タンク容量 (L)8
エンジン始動方式-式
ブレーキ形式(前/後)油圧式ディスク/油圧式ディスク
懸架方式(前/後)テレスコピックフォーク/スイングアーム式

コメント

タイトルとURLをコピーしました