スマートフォンは興味本位で買わないほうが

スマートフォン
スマートフォンを買いたいんだけれど・・・
という相談が増えてきました。
それもどちらかというと、年配の人からの相談が多いです。両親(60代)からも、スマートフォンの使い勝手や料金などの相談がありました。


確かにスマートフォンは普及しつつあります。
スマートフォンの普及率は2010年で9.0%に、また認知率も93%に広がり、2011年でさらに普及が進むでしょう。
NTTドコモにおける昨年度(2010年度)のスマートフォンの販売台数は252万台に達していたそうです。しかも、1月~3月のわずか3ヶ月間で約152万台を販売していたようです。急激な伸び方をしています。
NTTドコモは2011年度も引き続きスマートフォンへ注力し、今年度は600万台の目標を立てているそうです。
しかし、スマートフォンを実際に使い続けている経験から言うと、
スマートフォンは誰にでも奨められるものではないです。
少なくとも、パソコンをある程度使いこなせている人でなければ、使い方を覚えるのは難しいと思います。パソコンのキーボードの使い方やフォルダの階層、アイコンの判別、デスクトップの使い方、など基本的なリテラシーがないと分厚いマニュアルを隅々まで読む羽目になります。
これまでガラケーを使っていた人からすると、最初はイラッとすることのほうが多いはずです。
興味本位で購入するのは、本当にオススメできません。
【情報元、参考リンク】
NTTドコモ/2011年3月期決算説明会資料(PDF)
株式会社インプレス ケータイ白書2011

コメント

タイトルとURLをコピーしました