ドコモのデザリング

ドコモ

本日ドコモへデザリングについて質問しにいってきました。
すると、大きな勘違いが発覚。
ドコモで通常ルートでデザリングを使用するとプランが変わり、
上限10,395円のプランになっちゃいます。

ちょっとひねくれたルートで契約すれば出来る・・・かもしれません。
しれません、というのは、まだ確証がないからです。

デザリングを使用するともれなく¥10,395円

デザリングの注意事項/ドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/service/func_tool/tethering/notice/
FOMAでテザリングをご利用になる場合は、パケット定額サービスにご加入の場合でも「パソコンなどの外部機器を接続した通信」の上限額及び料金が適用されます。
つまり、デザリングをしてwifiで外部機器を接続した瞬間から「パソコンなどの外部機器を接続した通信」の料金となり、月額10,395円となります。
パソコンなどの外部機器を接続した通信における「パケ・ホーダイ ダブル」の上限額を値下げ
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2010/05/18_02.html?ref=nr_index
NTTドコモ(以下ドコモ)は、パケット定額サービス「パケ・ホーダイ® ダブル」について、パソコンなどの外部機器を接続した通信(携帯電話のアクセスポイントモード注意1 での利用含む)における月額利用料金の上限額を3,255円値下げし、10,395円でご利用いただけるよう、2010年6月1日(火曜)に改定いたします。
・・・下がってこの価格ですか。

モバイルWi-FiルーターのSIM差し替えは不可?

モバイルWi-Fiルーター HW-01C
http://www.nttdocomo.co.jp/product/data/hw01c/index.html
現在、このモバイルWi-Fiルーター HW-01Cというデータ通信専用機器が0円で契約でき、定額データプランで月額¥5,980で利用できます。この機器のSIMカードを使い、Xperia rayなどのデザリング可能なスマホに差し替えればデザリングが可能という話ですが、ドコモのデザリングは、spモード契約が必要で、一度解約して契約しなおす必要があるという話でした。
つまりSIMを差し替えての利用は出来ないと(※HW-01Cの機種変更が可能という情報がありました)。
SIMをスマホに差し替えて利用出来たとしても、デザリング可能なスマホを購入する必要があります。ショップでは回線込みの契約になってしまうので、白ロムをネットなどで購入する必要が出てきます。

auではシンプルに、通常のパケット定額プランでデザリング可能

au

auショップにも行って、デザりングについて聞いてきました。
auの場合は、デザリングは特別扱いではなく、普通にパケット定額サービスのまま利用できます。約6,000円のパケットと通話料1,000円ほどでデザリング可能です(HTC EVO3DPhotonといったデザリング可能な機器に限る)。ドコモのように苦労することがありません。
今なら、乗り換えで商品券1万円と、MNP割りで端末代金15,750円割引、さらに毎月割りで月額1,750円×24ヶ月の割引(HTC EVO3DとPhotonの場合)と至れり尽くせり。
ARROWS Z ISW11F
かなりクラッと来ましたが、この2機種は海外モデルにつき、通常のau携帯電話と対応周波数が異なるために、利用できないエリアがある可能性がある上に、年末にARROWS Z(上写真)という全部入りといっていいほど万能な国内最強スマホが富士通からリリース予定のために、今契約すると損のような気がして保留しました。

デザリングの成功例がまだある以上、抜け道はきっとある・・・はず

というわけで、再度ドコモショップもしくは家電店にいってその辺をもっとつめて聞いてこようと思います。
・・・ちゃんと仕事もしてますので、ご心配なく。。
ちなみに、iPhone4Sについてもチラッと聞いてきましたが、auショップでiPhone4S取り扱っているのはわずかに3店舗(auショップ延時(和歌山市)、auショップ御坊(御坊市)、auショップ岩出(岩出市))で、デザリングは不可です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました