ロイヤルエンフィールド ブリット350

ロイヤルエンフィールド ブリット350 バイク

重症筋無力症というバイクに乗れなくなって久しいので、眼が治って、バイクに乗れるようになったら乗りたいなあ、と思っているバイクをカタログ代わりに書いておこうかと思った次第です。

まず1台目は、ロイヤルエンフィールドのブリット350。普通二輪免許で乗ることが出来るロイヤルエンフィールドです。なぜ1台目がロイヤルエンフィールドかというと、この4月に日本のロイヤルエンフィールドの代理店であるウイングフット株式会社がインドのアイシャーモータースとの契約終了に伴い、同社製作のインド製オートバイ、ロイヤルエンフィールドの輸出入に係わる業務を、一切終了することになったからです。

ロイヤルエンフィールド クラシック350

出典:バイクブロス

ブリット350は、半世紀以上前の基本設計を維持しているバイクで、わずか18psほどの出力しかなく、おそらく100kmは出ないと思われます(あまり回すと壊れるかも)。今はもう日本で新車で購入することは出来ないようで、中古車での購入となります。

ブリット350の面白いところは、SR400と同じようにエンジンはキック始動、右足シフト、左足ブレーキという変則機構がとても魅力的です。乗りこなせるようになればとても楽しそうです。前後ドラムブレーキですが、少し前のアメリカンバイクと同じようにリアブレーキがメインの使い方ですぐに慣れることでしょう。

ロイヤルエンフィールド クラシック350

出典:バイクブロス

しかし、何より魅力的なのがこのスタイルです。正統派のビンテージスタイルだから、乗る時もやはりファッションには気を遣いたくなります。ジャケットを着てキレイめのファッションで乗りたいです。スーツを着て仕事で使うのも似合いそうです。事務所の前などに置いておくと、おしゃれなエクステリアになりそうでワクワクします。

メーカーROYAL ENFIELD(ロイヤルエンフィールド)
車名BULLET 350(ブリット350)
原動機種類4ストローク
気筒数1
シリンダ配列単気筒
冷却方式空冷
排気量 (cc)346
カム・バルブ駆動方式OHV
気筒あたりバルブ数2

コメント

タイトルとURLをコピーしました