名刺の英語表記

名刺を作る際に、英語表記をする場合があります。
電話番号や住所はもちろんのこと、携帯番号や役職など。
頻繁に使うものを備忘録代わりに掲載しておきます。
■携帯番号=cellular phone、cell-phone 、cell、mobile、mobile phone
→日本では、mobileという表記がよく使われるようです。馴染みがありますもんね。
■フリーダイヤル=Toll Free
■電話番号=Tel、Telephone、phone
→海外では、phoneの方がよく使われるそうです。
■ファックス=fax、Facsimile
■電話番号の表記=+81-73-499-5529、+81-90-123-4567
→日本の国番号が81なので、市外局番の0をとってこのように表記します。携帯番号も同様です。
■役職=社長(President、Director)、代表取締役(CEO)、専務取締役(Executive Director、Executive Vice President、Senior Managing Director)、常務取締役(Senior Vice President、Managing Director、Executive Managing Director)、取締役(Director)、部長(Department Manager、General Manager)、課長(Manager、Section Chief)、主任(Assistant Manager)、支店長(General Manager、Branch Manager)、病院長 (Chief of Medical Clinic )、副院長 (Deputy Chief of Medical Clinic )、
■住所=〒642-0017 和歌山県海南市南赤坂11番地
2F #211A Wakayama reserch labo,11,minamiakasaka,kainan-shi(cityでも可),wakayama,642-0017,JAPAN
→番地・町名・区(市、郡)・都道府県・郵便番号・国名の順です。,(カンマ)で区切ります。市と県の名前が同じ場合は省略してもかまいません。建物名も逆に書きますが、日本の配達員が間違わないだろう、という表記でいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました