重傷筋無力症になってから半年

抗アセチルコリンリセプター 抗体が陰性になりました 病気

今日は定期診断の日です。11月に重傷筋無力症になってから半年が過ぎました。現在は眼筋型の症状で落ち着いていますが、検索していると、眼筋型の半数が2年以内に全身型に移行するという内容を見ます。眼筋型で固定するのは20%ほどしかない、といいます。結構な確率で全身型に移行するという状態があと1年半は続くわけで、正直不安です。移行する前に、仕事だけでも私がいなくても回るように出来ないものか、と悩んでいます。

先月の検査の結果、抗アセチルコリンリセプター抗体の数値が0.2に下がり、陰性になりました。初めて抗アセチルコリンリセプター抗体の数値が下がりました。薬は減量していっていますが、うまく抑えられているようです。今日もステロイド減量で12.5mgに下がりました。5mgまで下げられたら理想だそうです。

重症筋無力症で抗アセチルコリンリセプター抗体の数値が陰性になったということは、眼筋型の可能性が上がったということでしょうか。よくはなっていっているようなので、このまま病気をもらわずに過ごせたら、と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました