重症筋無力症の薬

重症筋無力症 薬 病気

月に一度の定期健診で、重症筋無力症の薬が増えました。メスチノン錠60mgという薬です。対症療法の薬なので、飲み続けないと効果が切れてしまう薬らしいです。1日3回、食後に飲み始めました。両眼性複視が改善する可能性がある薬とのことで、効果があるかどうかわかりませんが、試しに飲むことにしました。最近、両眼性複視があまり進展がなく、ほぼ固定してきているので、改善の可能性のあるものを試していくことにしました。

ステロイドは1mgずつ減らしていくことにしたので、今回から11mgになりました。最近疲れやすいので、減らしていって大丈夫かな、と少し不安ですが、やはり副作用が怖いので5mgくらいまで減らすことを目標に、少しずつですが減らしていく方針です。

今回増やしたメスチノン錠という薬は、画像の一番上にあるピンク色の薬ですが、副作用に『下痢 、 腹痛 、 発汗 、 流涎 、 骨格筋の線維性攣縮 、 悪心 、 腹鳴 、 動悸 、 頭痛 、 流涙』などがあります。大した副作用はないな、と思っていたのですが、調べてみると重大な副作用として『線維性攣縮 、 コリン作動性クリーゼ 、 呼吸筋麻痺 、 縮瞳 、 徐脈』があります。私は脈が少し不安定な体質なので、徐脈には気を付けたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました