CSS3のみで制作されたサイト

CSS3でドラエモン
CSSとは、ホームページを装飾するための言語で、文字の色や大きさからレイアウトなど、装飾に特化したもので、HTMLやXHTMLとセットで使う事が多いです。
CSS3、HTML5というものがちょこちょこニュースで出てくるようになりました。簡単に言えば、画像(イラストや写真)をそのまま使わないで、ソース(言語)だけで、まるで画像のような装飾を実現するための新しい言語です。ソースがシンプルになり、表示が軽くなる、検索エンジンと相性がいいといったメリットがあります。
しかし、まだブラウザがGoogleのChromeFirefoxの最新バージョンでなければ思ったとおりの表示になりません。
FLASHより主流になるのでは、と、業界では噂されているようですが、どうなんでしょうね。
iPhoneXPERIAといったスマートフォンが徐々に増えつつあるので、ユーザーにとっては表示が軽くなるのは嬉しいことだと思いますが、大半のユーザーはIEを使っているので、結局他のブラウザでも見れるように対策をしなければいけないわけで。。。いい加減ブラウザを統一してくれ、と切に願う次第です。
しかし、1~2年後にはある程度普及してるかもしれませんね。まあ、要望があれば作れるようにしておく程度でいいかと思います。急いで覚える必要のあるスキルでもないですね。
画像を一切使わずCSS3のみで制作されたサイト『NetaGear』
http://getnews.jp/archives/58024
画像を一切使わずにCSS3だけでドラえもんを描画したよ! ブラウザ毎に見え方が全く違って面白い
http://getnews.jp/archives/58093

コメント

タイトルとURLをコピーしました